柱状改良

 

柱状改良とは

柔らかい地盤が2メートル以上8メートル以下の深さの場合に用いられる方法で、
土の中にコンクリートの柱を造る方法です。

これによりより強い地盤を作ることが可能になります。